デジカメこむ初心者向け商品撮影講座

商品撮影のこといろいろ(人物撮影のことも)載せてます 撮影用ライト購入したけどうまくとれない そんな悩みに答えます

撮影照明・撮影機材デジカメこむ TOPへ  店舗詳細  30cmから150cmまでレフ板ならおまかせ   初心者のための商品撮影講座
ネットショップ店長様必見   動画で勉強コーナー  買い物かごへ
撮影機材・撮影照明デジカメこむ

home
トップページへ

商品撮影講座
商品撮影講座
会社概要
会社概要・配送
お支払い方法
ポイント会員登録

 当店最強ライト

H1L
H1Lシリーズ
H4L
H4Lシリーズ
JL
JLシリーズ
プロフラッシュ
プロフラッシュ
150
VT150
200
VE200
300
VC300
400
VC400
XD-L
XD-Lシリーズ
背景紙
背景紙
撮影ボックス
撮影ボックス
レフ板
レフ板
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(プレーン)
ガーゼ布(プレーン)
背景布(ムラ)
背景布(ムラ)
背景布(プレーン)
背景布(プレーン)
大型背景
大型背景用
小型背景
小型背景用
ロケバック
ロケバック
撮影台
撮影台
三脚
三脚
スタンド
スタンド
ブーム
ブーム
アンブレラ
アンブレラ
クランプ
クランプ
ウエイト
ウエイト
リモコン
リモコン


プロカメラマン の店長が
サポートします

当店おすすめ
ストロボ

当店でモデル撮影が
一番きれいに撮影
できる撮影ライトセットです


グラビアセット

 

  H1L Series
小物撮影ならおまかせ↓
40cm*60cmに収まるモノ




  H4L Series
料理撮影ならおまかせ↓
コース料理や大皿の撮影


H-4L ブーム

H1L・H4L使用蛍光灯
26w
■H4L+stand■
H-4L スタンド

H4L レクタ
ボ トル専用ライトセット

人物全身撮影にこだわりましたJL1人物撮影専用ライト
人物全身の
撮影 だけで
なく背景を
消すのに
最適です
しっかり撮るならストロボ


VISICOライト VE200W


VISICOライト VC300W
 

ボックス型 撮影装置
総合ページ

スリットドーム


各種バック ペーパー
たくさんございます
もちろん当店のグラデーションは高精細対応ですのでカタログ撮影にも安心してお使い頂けます
アクアパック防水 アクアパック
※当サイトの画像の転用・転載は禁止いたします

商品撮影講座です ぜひ参考にして売り上げアップをねらってください 

全ページ表示     目的別    被写体別    説明書関連


撮影講座トップへ

店長が小ワットストロボをおすすめする理由お電話でお問い合わせ頂きましたお客様には いつも モデル撮影 マネキン撮影 人物撮影には
150Wプロフラッシュをおすすめさせて頂いております。
よく「300W」でなくていいですか?と聞かれますが わざと150Wをおすすめさせて頂いております。
これは 撮影するカメラが デジタル一眼レフの時に限りますが 最大の理由は CCDサイズにあります。
現在一般的に販売されています デジタル一眼レフは フルサイズCCD より もっと小さいAPSCサイズの
CCDと言いまして フルサイズCCDより ピントが奥まで合う CCDとなっています。(CCDというのは フイルムみたく 写真の写る部分です) これが フルサイズ やAPSCサイズのときは 150W より
少ない 光量で 撮影するのが ちょうど よい 写真の仕上がりになるからです。
つまり フルサイズCCD やAPSC KISSデジタルやD40など のカメラの場合は 150W
フルサイズより大きいCCDを使う場合は300W をお使い下さい。
もう少し 踏み込んだ話になりますが 通常 モデル撮影には2台以上のストロボを使います。
つまり 人物には 150Wが 2重に 当たる部分がございます。ここを基準とした 濃さで撮影するのですが
この濃さを たとえば 300W 2台で撮影すると 背景がくっきりしてしまいます。 ゴミとかしわとかが
写ってしまいます。
人物を浮き立たせるためには 絞りを5.6くらいで 撮影してほしいので 逆算した結果 150W 2台となっています。 これにさらに ライトを足していくお客様もいらっしゃいますので そうなると より 光量の少ない
ストロボが理想となります。 もう少し 弱くてもいいのですが 安定しないこと フロントからの光が届きにくいことなどから150Wが ちょうど 多すぎず 少なすぎず という 感じになります。
ご理解いただけたでしょうか?
つまり 当店のお客様は超初心者から 最上級でも 中級者のお客様です みなさんの撮影スペースが
プロのスタジオの様に広い場合は別ですが 一般的な 撮影環境ですと 絞り5.6 KISSデジくらいだとF4で撮影することもあります その光量にするためには 150W となり また それにより 背景が少しぼけて 人物がしゃっきっと写る (背景との距離感がでて 人物が独立します)写真が
できあがるのです。
キレイに撮るためには たくさんの 事を覚えておけば なんで 失敗するの? というときに自分で解決できますぜひ がんばってください。