デジカメこむ初心者向け商品撮影講座

商品撮影のこといろいろ(人物撮影のことも)載せてます 撮影用ライト購入したけどうまくとれない そんな悩みに答えます

撮影照明・撮影機材デジカメこむ TOPへ  店舗詳細  30cmから150cmまでレフ板ならおまかせ   初心者のための商品撮影講座
ネットショップ店長様必見   動画で勉強コーナー  買い物かごへ
撮影機材・撮影照明デジカメこむ

home
トップページへ

商品撮影講座
商品撮影講座
会社概要
会社概要・配送
お支払い方法
ポイント会員登録

 当店最強ライト

H1L
H1Lシリーズ
H4L
H4Lシリーズ
JL
JLシリーズ
プロフラッシュ
プロフラッシュ
150
VT150
200
VE200
300
VC300
400
VC400
XD-L
XD-Lシリーズ
背景紙
背景紙
撮影ボックス
撮影ボックス
レフ板
レフ板
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(プレーン)
ガーゼ布(プレーン)
背景布(ムラ)
背景布(ムラ)
背景布(プレーン)
背景布(プレーン)
大型背景
大型背景用
小型背景
小型背景用
ロケバック
ロケバック
撮影台
撮影台
三脚
三脚
スタンド
スタンド
ブーム
ブーム
アンブレラ
アンブレラ
クランプ
クランプ
ウエイト
ウエイト
リモコン
リモコン


プロカメラマン の店長が
サポートします

当店おすすめ
ストロボ

当店でモデル撮影が
一番きれいに撮影
できる撮影ライトセットです


グラビアセット

 

  H1L Series
小物撮影ならおまかせ↓
40cm*60cmに収まるモノ




  H4L Series
料理撮影ならおまかせ↓
コース料理や大皿の撮影


H-4L ブーム

H1L・H4L使用蛍光灯
26w
■H4L+stand■
H-4L スタンド

H4L レクタ
ボ トル専用ライトセット

人物全身撮影にこだわりましたJL1人物撮影専用ライト
人物全身の
撮影 だけで
なく背景を
消すのに
最適です
しっかり撮るならストロボ


VISICOライト VE200W


VISICOライト VC300W
 

ボックス型 撮影装置
総合ページ

スリットドーム


各種バック ペーパー
たくさんございます
もちろん当店のグラデーションは高精細対応ですのでカタログ撮影にも安心してお使い頂けます
アクアパック防水 アクアパック
※当サイトの画像の転用・転載は禁止いたします

商品撮影講座です ぜひ参考にして売り上げアップをねらってください 

全ページ表示     目的別    被写体別    説明書関連


撮影講座トップへ

商品撮影用ライトの選び方

ズバリ独断と偏見で撮影ライトを選ぶときの極意!


下記表は だいたいの目安です。 適合しない環境の場合は表から下をよく読んでください。

  小さい商品撮影 時計 アクセサリー など 50cmまでの小物 お皿 コップ 靴 カバンなど 50cm以上の商品 ボストンバックなど

90cm以上の商品 スーツケースなど

 

ワインボトルなど縦型で光沢 ラベル面が手前 人物 洋服モデル撮り 広い部屋 人物 洋服モデル撮り 狭い部屋 設置スペース幅140cmくらいしかない場合 コップなど透過もの
一眼レフ(レンズ交換できるタイプ)

WL230K2

H1L
H2L

H1L
H2L
H4L

 

H4L-90
プロフラッシュオールマイティ
プロライト70タイプR
プロフラッシュオールマイティ H1L×2 プロフラッシュ等モノブロックに120cm以上のドーム 1台or2台 JL1×2

H1L-Di +撮影台+H1L

 

小さいコンパクトデジカメ

WL230K2

H1L
H2L

H1L
H2L
H4L
H4L-90
プロライト70タイプR
一眼レフに買い換えてください H1L×2 JL1×2
プロライト70タイプR×2or3
一眼レフに買い換える方が作業性は楽になります仕上がりもよくなります
JL1×2 H1L-Di +撮影台+H1L

 




たくさんライトがあってどのライトを買えばいいかわからない!と言うお客様に簡単にまとめてみました


蛍光灯はずーっと光ったままのライトで どこが光っているか わかりやすいライト その代わり暗いです

それに比べて一眼レフ専用ライトはぴか!っと光るタイプのストロボ光といって どこが光っているかわかりにいです その代わり超明るいです

反射しやすいものは蛍光灯 反射のないものは一眼レフ専用ライトがおすすめです。

ですが それほど 簡単なことでは ないので しっかり 下記内容を読んで お客様の環境などに どのライトが適しているか

しっかりと ご検討ください。 もちろんわからなければ アドバイスできますのでメールください



satuei.senmon@gmail.com フリーダイアル 0120-753-056 です どうぞお気軽にお問い合わせください



デモ機もたくさんご用意しています 無料でお使い頂けます

まず お手持ちのカメラが一眼レフか 普通のカメラか?で 大きく選択できるライトが違ってきます。

まずは 普通の小さいカメラの場合


基本的には蛍光灯ライトのみとなります。 大は小を兼ねます 唯一気をつけて欲しいのは

アクセサリーなどでピカっと させたいときにだけ 蛍光灯スヌート フィギア専用ライトのオプション品です これを使ってください

これを使うと 蛍光灯の指向性をあげることができるので 指輪やダイアなどが ぴか!っと光ります。2007.11.28現在未発売


その次は大きさです 被写体の大きさが発光面積より小さいことが条件となります。

まず 商品が小さい場合 40cmくらいのものまでなら プロライトモバイルや H1Lモバイル など

蛍光灯一本の場合は 暗いので(暗くてもきれいに写ります)部屋の電気を消して 真っ暗で撮影します


暗いのがいやな人は プロライトミニや H2LH4Lなどの複数蛍光灯が入ったタイプを使ってください。

たとえばプロライト70タイプRなどですと 部屋の蛍光灯を消さなくても問題ございません(厳密に言うと消した方がいいです)


大きさは発光面積より少し小さいくらいを目安にしてください。

逆に プロライト70の様な特大で撮影すると 小さい商品は影がでにくく より柔らかい撮影ができます。

つまり 商品の何倍もの大きさがあればあるほどより良いです。


例:財布や帽子、めがねなど →H1L プロライトモバイル プロライトミニ H2L H4L プロライト70タイプR シルバー9100


一般的な商品ですと この理屈でかんがえてもらえれば良いのですが

服の撮影だけ 別となります。 というのも 当店で最大サイズは プロライト70や9100などの せいぜい最大で100cmや120cmくらい

までとなります。 プロライトなどの 9本以上蛍光灯が入っているタイプは かなり明るいので 被写体より大きくなくても撮影できます。

それも 150cmくらい離れたところに設置します。 JL1カバーを使うとより効果的です。


衣類の時はマネキンなどに着せて→JL1 プロライト70タイプR シルバー9100等 大きめのライトとなります。

ただし 1灯では影がきついので 銀レフか2灯で撮影してください。

背景を切り取るのがいやで真っ白にしたい場合は 三灯から4灯お使い下さい


だいたい以上の様な感じが ネットショップ様の一般的な 撮影に対応した 組み合わせとなります。


もし 今 小物を撮影しているが 将来衣類を撮影するかも・・ と言う場合は

H1Lなどの できるだけ安い目のライトを買っておいて あとで衣類だけ 違うライトで撮影する といった方が 

より クオリティの高い撮影ができます。

将来 一眼レフを使っていることが考えられますので そのときに もし一眼レフを使っていれば 一眼レフ専用ライトを

使うのが望ましいです。 とくに衣類の撮影に関しては 蛍光灯では 暗いので 大変疲れます。

一眼レフ専用ライトなら コツもいらず 設定だけ合わせれば だれにでも 簡単に撮影できます。


次に一眼レフの場合ですが 一眼レフの場合は 上記蛍光灯はもちろん使えますので 上記内容に

下記内容を足して貰えればいいです。

商品撮影は蛍光灯でも問題ないですし 食品の撮影などは 一品なら蛍光灯の方が逆に撮影しやすい?とも思います。

ただ 複数の商品になると 一眼レフ専用ライトは 発光面積が大きいので自由自在に撮影できます。


蛍光灯ライトの場合は 大きめのライトで撮影すると 皿を複数並べた場合に 4皿くらいまでなら撮影できますが 

真上にライトをもってくるために 高価なブームスタンドが必要となります。

そのブームをもってしても 発光面が最大100cmくらいまでですのでそれほどたくさんの料理は撮影できません

それに比べて一眼レフ専用ライトですと 発光面は150cm以上まで 自由自在にお選びできますし

本体も軽いので それほどブームにお金をかける必要がありません。大きいドームになると

突き出しが長くなるので大きいブームは要りますが通常 90cmくらいですと [[22761]]のブームで十分撮影できます。






なんといっても 光を自由自在にあやつるための アダプタが世界中で販売されています。



小物を撮るときは小さいライトでも問題ございません。というより 逆に 小さい方が撮影しやすいです。

というのも 一眼レフ専用ライトは蛍光灯と比べると 極端に光量が強いです。


例 商品撮影小物 発光面までの距離 30cm :


H1L ISO200 1/30 f4半

CL150 ISO200 1/30 f45 ? 一番小さくしてISO 100 1/30 f16


マクロレンズだと 問題ないとは思いますが 普通のレンズだと絞りが多すぎて

背景をぼかした写真が撮れません。

この数値はH1LもCLも40cm×60cmのドームを共有で計りましたので 実際には

もっと大きいドーム&プロフラッシュorCL以上を使えば数値は小さくなります。

マクロだと 絞りは8くらいからスタートです(フルサイズCCDのとき) 




蛍光灯を使われていて 移行するのでしたら アウトレットのCL150 やプロフラッシュ150Wなどが 商品撮影に適しています。

発光面はできるだけ大きいのをお使い下さい。H1LからCLシリーズに移行する場合はスタンドとドームがそのまま使えますので

本体だけ 買い換えれば簡単に移行できます。ですが 上記絞りの部分だけ気にしておいてください。

それでも 格安で移行できるので 初めての人には オススメです。

CLのような あれだけ 小さいライトでも 2個あれば 人物でもなんなくこなしてしまいます。

つまり そのくらいのパワーがあります。



人物撮影で きちんととるなら CL以外のストロボで90cm以上のドームをつければ どなたにも簡単に

グラビア級の写真が撮影できます。 というより 機械に苦手なひとほど ストロボがおすすめです。

なぜかといいますと 蛍光灯は暗いので 人物(マネキン)などに 向ける角度が違ったりするとすぐに

みょうな 写真になってしまいます。それに比べて一眼レフ専用ライトはパワーが十分あるので説明書通りの

セッティングにすれば 簡単にきれいな画像が撮影できます。決まった数値にセットして撮影するので

コツとかが要らないというわけです。 オートではなくきまった数字にセットして撮影するため

テクニックとかコツとかなしで簡単に撮影できます。






上記内容がだいたいの 感じですが 大事な部分は もしあなたがお使いのカメラが一眼レフなら

一眼レフ専用ライトも選べるということ

小さいものだけなら 蛍光灯タイプがおすすめで

もし 衣類を撮影するなら 小さいカメラを一眼レフに買い換えて 一眼レフ専用ライトを買うのがおすすめです。

近頃は 新品の一眼レフでも4万円から5万円で購入することができます。



もし 衣類と小さい小物の撮影があるなら できるだけ安い蛍光灯ライト(ブーム付き)と一眼レフ専用ライトで衣類

というパターンをおすすめします。



大事なことはマネキンやトルソに着せて一眼レフ専用ライトで撮影すれば かなりきれいに撮れますし

売り上げの点からみても 作業性の点からみても 圧倒的に楽ですし 仕上がりの良さを期待できます。





一眼レフがここまで 買いやすくなってきましたので マネキンなどの撮影になると 蛍光灯にこだわらずに

一眼レフ専用ライトを買うことをおすすめします。なお ベタ置きはむつかしいのと 売り上げに結びつきにくいので

あくまで トルソ・ボディ・マネキン・人物に着せて撮影した後 予備的な感じで ベタ置きを撮影する といったほうが

おすすめです。


大きい商品撮影も 一眼レフ専用ライトをおすすめします。


つまり 財布やアクセサリーなどの 小物一点撮影のみ 蛍光灯で それ以外は基本的には

一眼レフ専用ライトをおすすめ ということになります。