デジカメこむ初心者向け商品撮影講座

商品撮影のこといろいろ(人物撮影のことも)載せてます 撮影用ライト購入したけどうまくとれない そんな悩みに答えます

撮影照明・撮影機材デジカメこむ TOPへ  店舗詳細  30cmから150cmまでレフ板ならおまかせ   初心者のための商品撮影講座
ネットショップ店長様必見   動画で勉強コーナー  買い物かごへ
撮影機材・撮影照明デジカメこむ

home
トップページへ

商品撮影講座
商品撮影講座
会社概要
会社概要・配送
お支払い方法
ポイント会員登録

 当店最強ライト

H1L
H1Lシリーズ
H4L
H4Lシリーズ
JL
JLシリーズ
プロフラッシュ
プロフラッシュ
150
VT150
200
VE200
300
VC300
400
VC400
XD-L
XD-Lシリーズ
背景紙
背景紙
撮影ボックス
撮影ボックス
レフ板
レフ板
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(プレーン)
ガーゼ布(プレーン)
背景布(ムラ)
背景布(ムラ)
背景布(プレーン)
背景布(プレーン)
大型背景
大型背景用
小型背景
小型背景用
ロケバック
ロケバック
撮影台
撮影台
三脚
三脚
スタンド
スタンド
ブーム
ブーム
アンブレラ
アンブレラ
クランプ
クランプ
ウエイト
ウエイト
リモコン
リモコン


プロカメラマン の店長が
サポートします

当店おすすめ
ストロボ

当店でモデル撮影が
一番きれいに撮影
できる撮影ライトセットです


グラビアセット

 

  H1L Series
小物撮影ならおまかせ↓
40cm*60cmに収まるモノ




  H4L Series
料理撮影ならおまかせ↓
コース料理や大皿の撮影


H-4L ブーム

H1L・H4L使用蛍光灯
26w
■H4L+stand■
H-4L スタンド

H4L レクタ
ボ トル専用ライトセット

人物全身撮影にこだわりましたJL1人物撮影専用ライト
人物全身の
撮影 だけで
なく背景を
消すのに
最適です
しっかり撮るならストロボ


VISICOライト VE200W


VISICOライト VC300W
 

ボックス型 撮影装置
総合ページ

スリットドーム


各種バック ペーパー
たくさんございます
もちろん当店のグラデーションは高精細対応ですのでカタログ撮影にも安心してお使い頂けます
アクアパック防水 アクアパック
※当サイトの画像の転用・転載は禁止いたします

商品撮影講座です ぜひ参考にして売り上げアップをねらってください 

全ページ表示     目的別    被写体別    説明書関連


撮影講座トップへ

画像撮影後の後処理について 絶対見て下さい

一眼レフでRAWで撮影している場合は それほど必要ないですが

一眼レフでもコンパクトデジカメでも 覚えていて損はないと思いますので 一度実践して
ください。


使用するソフトは フォトショップでもエレメンツでもOKです。

まず 理屈で大変大事なことは 「大きい画像を縮小するとぼける」という 大事なことが
あります。

これは 理屈は別にして 1000万画素で撮ったのをweb用に800ピクセルにすると 
ぼける・・ と思っていて下さい。



通常一眼レフの場合はRAWで撮影しますので 現像段階で 150万画素で開けば
いいのですが コンパクトデジカメとかでJPGで撮った場合

いきなり 超でかい画像の時があります。

それをそのまま 画像解像度で 縮小すると ぽわーっと なっていまいます。
そこで登場するのが USM(アンシャープマスク) です。

フォトショップのフィルターのところにはいっていますので お使い下さい。
エレメンツは 画質調整のところに入っています。



USM(アンシャープマスク)のところにいくと ピクセルと適用度としきい値が
でるので ピクセルが 800ピクセルのときは 0.8ピクセルくらい (だいたい) 
適用度は80% しきいちは1で かけて下さい。



好みにあわせればいいですが動かすのは ピクセルだけで良いと思います。
ピクセルは 最終画像サイズに合わせて大きく変わっていきます。
印刷用画像などですと 3ピクセルくらいでかけることもあります。
小さい画像で3ピクセルなどでかけると 逆にがたがたになるので注意して下さい。

コンパクトデジカメなどですとレンズがしょぼいのが多いので 商品撮影をすると 
背景から回り込んだ 逆光で もわもわになりやすいですが ここでシャープを
かけると ずいぶんしゃっきりすると 思います。


コントラストも少しあがるので そういう役目もになっています。

しつこいようですが これは JPGの時で 一眼レフでRAWですと 現像段階で 
あらかじめ小さくできるので それほど シャープの必要がないです。

大→小と 画像を縮小したときに 必須です。


では その後ですが 背景が白い画像で 少しレベル補正をします。
レベル補正は やりすぎ厳禁です。
右上の白のスライダを少し左に 左上の黒のスライダをほんの少し右に移動してください。

右上の白のスライダは 背景をより白く くっきりと

黒のスライダは 黒をより黒く 引き締める効果があります。

しっかりとしたレンズで撮影すると 上記作業はほとんど必要ないですが 小さいカメラの
場合レンズが 逆光に負けることが多いので 上記作業は必須になると思います。

商品撮影におすすめは 90ミリの単レンズマクロです。(35ミリ換算 60ミリから
90ミリでいいです)

このくらいのレンズだと 上記作業は ほとんど省くことができるので 少し高いですが 
作業性はあがると思います。
ご参考にして下さい。