デジカメこむ初心者向け商品撮影講座

商品撮影のこといろいろ(人物撮影のことも)載せてます 撮影用ライト購入したけどうまくとれない そんな悩みに答えます

撮影照明・撮影機材デジカメこむ TOPへ  店舗詳細  30cmから150cmまでレフ板ならおまかせ   初心者のための商品撮影講座
ネットショップ店長様必見   動画で勉強コーナー  買い物かごへ
撮影機材・撮影照明デジカメこむ

home
トップページへ

商品撮影講座
商品撮影講座
会社概要
会社概要・配送
お支払い方法
ポイント会員登録

 当店最強ライト

H1L
H1Lシリーズ
H4L
H4Lシリーズ
JL
JLシリーズ
プロフラッシュ
プロフラッシュ
150
VT150
200
VE200
300
VC300
400
VC400
XD-L
XD-Lシリーズ
背景紙
背景紙
撮影ボックス
撮影ボックス
レフ板
レフ板
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(プレーン)
ガーゼ布(プレーン)
背景布(ムラ)
背景布(ムラ)
背景布(プレーン)
背景布(プレーン)
大型背景
大型背景用
小型背景
小型背景用
ロケバック
ロケバック
撮影台
撮影台
三脚
三脚
スタンド
スタンド
ブーム
ブーム
アンブレラ
アンブレラ
クランプ
クランプ
ウエイト
ウエイト
リモコン
リモコン


プロカメラマン の店長が
サポートします

当店おすすめ
ストロボ

当店でモデル撮影が
一番きれいに撮影
できる撮影ライトセットです


グラビアセット

 

  H1L Series
小物撮影ならおまかせ↓
40cm*60cmに収まるモノ




  H4L Series
料理撮影ならおまかせ↓
コース料理や大皿の撮影


H-4L ブーム

H1L・H4L使用蛍光灯
26w
■H4L+stand■
H-4L スタンド

H4L レクタ
ボ トル専用ライトセット

人物全身撮影にこだわりましたJL1人物撮影専用ライト
人物全身の
撮影 だけで
なく背景を
消すのに
最適です
しっかり撮るならストロボ


VISICOライト VE200W


VISICOライト VC300W
 

ボックス型 撮影装置
総合ページ

スリットドーム


各種バック ペーパー
たくさんございます
もちろん当店のグラデーションは高精細対応ですのでカタログ撮影にも安心してお使い頂けます
アクアパック防水 アクアパック
※当サイトの画像の転用・転載は禁止いたします

商品撮影講座です ぜひ参考にして売り上げアップをねらってください 

全ページ表示     目的別    被写体別    説明書関連


撮影講座トップへ

メタルソムリエナイフ撮影失敗編本日は ソムリエナイフを撮影してみましたが 失敗しました。
撮影自体は問題なかったですが無精して撮影台のみで どんなか?やってみましたが 最悪でした。 とにかく この撮影台 下からライトをあてたときに威力を発揮しますが ただの標準アクリル板だけだと 全然だめなことがわかりました。 ただ今回はマット面だけなので 次回は つや有りの方でためしてみます。やはり 白はB00に限ります! なぜかというのも あとの色あわせ(撮影時のホワイトバランス設定も同様)が格段に楽だから & 今回みたいに グレーにならないからです。 もちろん この撮影台は 透過型なので 上からのライトが 下に抜けちゃって 反射して戻ってくる光がすくないので 白くならない・・ということか・・
あと こういったメタルモノは ヘアーラインといって筋が最初から 入っています こいつをきれいに写してやることで質感がでるのですが 
うまく撮影するこつは「鉄則その1:被写体は浮かせ」を使います。
下がガラスでなかったので 接着系メルトガンは使えず 今回はテグスで写真の様につり上げています。
簡単ですね どうやって 浮いているように見せるの?って良く聞かれますが 簡単です アナログですね! 浮かしています そのものずばりです。
難しいのは見せないようにどうやって 浮かせるか?なのですが デジタルなんで あとから ちょちょっと 消します
画像みてもらえれば わかりますが そのままでもあまりわからないとおもいます。

浮かしてやって だいたいのカメラの角度も決まれば カメラをのぞくまえに まずは カメラと同じ高さに頭を持って行って 実際にレンズをのぞかずに どのくらい 映り込んでいるか を確認 鉄則その2「映り込みではなく映りこませ」を使います。
映り込ませている部分がどこまで 白くでているか 確認します 
ここは今回の重要なポイントです
銀色の部分全てが白くなってしまうと せっかくのステンレスの風合いが損なわれますので
銀色の柄の部分の半分くらいで 白を止めようと しました。 じゃあ どうするかといいますと 
自分の確認している 頭を そのまま少し下げます。 
すーーっと 白い部分が減る角度があるはずです ある程度 こうやって 肉眼で 高さをだしてやってから カメラの高さをセット ファインダーをのぞき込んでOK! という行程になります。
わかりました? ちなみに 高さ違いの写真も載せておきます 違いはわかってもらえるとおもいますが・・ 今回は とにかく 背景大失敗の巻きでした・・トホホ