デジカメこむ初心者向け商品撮影講座

商品撮影のこといろいろ(人物撮影のことも)載せてます 撮影用ライト購入したけどうまくとれない そんな悩みに答えます

撮影照明・撮影機材デジカメこむ TOPへ  店舗詳細  30cmから150cmまでレフ板ならおまかせ   初心者のための商品撮影講座
ネットショップ店長様必見   動画で勉強コーナー  買い物かごへ
撮影機材・撮影照明デジカメこむ

home
トップページへ

商品撮影講座
商品撮影講座
会社概要
会社概要・配送
お支払い方法
ポイント会員登録

 当店最強ライト

H1L
H1Lシリーズ
H4L
H4Lシリーズ
JL
JLシリーズ
プロフラッシュ
プロフラッシュ
150
VT150
200
VE200
300
VC300
400
VC400
XD-L
XD-Lシリーズ
背景紙
背景紙
撮影ボックス
撮影ボックス
レフ板
レフ板
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(ムラ)
ガーゼ布(プレーン)
ガーゼ布(プレーン)
背景布(ムラ)
背景布(ムラ)
背景布(プレーン)
背景布(プレーン)
大型背景
大型背景用
小型背景
小型背景用
ロケバック
ロケバック
撮影台
撮影台
三脚
三脚
スタンド
スタンド
ブーム
ブーム
アンブレラ
アンブレラ
クランプ
クランプ
ウエイト
ウエイト
リモコン
リモコン


プロカメラマン の店長が
サポートします

当店おすすめ
ストロボ

当店でモデル撮影が
一番きれいに撮影
できる撮影ライトセットです


グラビアセット

 

  H1L Series
小物撮影ならおまかせ↓
40cm*60cmに収まるモノ




  H4L Series
料理撮影ならおまかせ↓
コース料理や大皿の撮影


H-4L ブーム

H1L・H4L使用蛍光灯
26w
■H4L+stand■
H-4L スタンド

H4L レクタ
ボ トル専用ライトセット

人物全身撮影にこだわりましたJL1人物撮影専用ライト
人物全身の
撮影 だけで
なく背景を
消すのに
最適です
しっかり撮るならストロボ


VISICOライト VE200W


VISICOライト VC300W
 

ボックス型 撮影装置
総合ページ

スリットドーム


各種バック ペーパー
たくさんございます
もちろん当店のグラデーションは高精細対応ですのでカタログ撮影にも安心してお使い頂けます
アクアパック防水 アクアパック
※当サイトの画像の転用・転載は禁止いたします

商品撮影講座です ぜひ参考にして売り上げアップをねらってください 

全ページ表示     目的別    被写体別    説明書関連


撮影講座トップへ

影のでにくい画像を作るには 人物撮影編よく問い合わせが多い 影のでにくい画像を撮る方法を考えてみたいと思います。
いくつか方法はありますが まず 洋服人物撮影の場合 オススメはストロボに超大きいドームを
つけることです。なぜこうするかと言うと 発行面積が大きくなれば 光が柔らかくなります。
それと同時に 背景にできる影もふわっと柔らかくなるのです。
実際 パラソルも ドームも同じように影はできるのですが 参考画像をいれておきますので
見てもらえれば一目瞭然であると思います。
パラソルは くっきり影がでます 


ドームは ふわっと影がでます。



ただ これだけの差なんです。(そうはいってもとても重要です)
ですので ハードに撮りたいときは パラソル 優しく撮りたい時はドーム さらに朝の光っぽく撮りたいときは
超大きいドーム という風になります。
この大きさというのは 被写体に対しての比率ですので H1Lの様な60cmのドームでも フィギアに対しては
大きくなりますし 人物に対しては小さすぎるということになります。

もう一つの方法は バックライトなどで 影を完全に消す方法です。
これは 後日 違う講座で説明しますが 上級編になります。個別にメールで聞いてもらえればと
思います。
ただ 影を完全に消す場合でも 手前からをパラソルを使っていれば モデル自体がカチカチになってしまい
鼻の下などの影や 輪郭など すべてがカチカチの画像になってしまいます。
意図的にハードに撮りたい時以外は 基本ドームを使って撮影することをおすすめします。
じゃあ 蛍光灯は???
光の質でいうと 蛍光灯はもともと非常に柔らかいのですが パワーがストロボに比べると圧倒的に弱く 背景まで光りがまわらないので パワー不足で影がでてしまうのです。
これを補うためには蛍光灯 それもプロライトの様な9本付いているタイプの蛍光灯を4台から6台くらい用意して もいいのですが やはり単位面積あたりの
パワーが弱く 現在シャッター速度を遅くするか 背景に影消しとして 補助に置くくらいしか 方法がございません。そういった理由から 人物撮影に関しては 蛍光灯よりストロボをおすすめさせてもらっています。
※ここの画像は 影の比較だけに撮影しているので 洋服の光の当たり方は無視してください。洋服の光の当たり方などは別の部分でご説明したいと思います。